Lesson 9

アパートの生活


親戚不幸があって田舎から来ているおばあさんが、年に似合わず なかなか起きて来ない。昨夜はよく眠れなかった。ちょっとうとうとした と思うと (1) 、上で大変な音がした、というのである。それは二階の学生が また遅くまで楽器を鳴らしていたからで、ちょうどおばあさんの寝た 部屋のまうえだったから、眠れなかったのも無理はない。 「あの西洋三味線ときたら、もう猫がしめころされるような音立てて......」 と彼女が怒るのを聞いていた小校五年の長男が、

「三味線じゃないよ。ギターだよ」と訂正したが、

「ギターだろうが、三味線だろうが、まともな学生のやるもんじゃない。 それを夜遅くまで......」と大変なごきげんである。

アパート住まいはしたくないものと思いながら、働きがないばかりに未だに一戸建ての家に住めないでいる。今度上に移ってきた学生は、 大変明るいほがらかなというと聞こえがいいが、はっきり言うとどうも にぎやかすぎる青年である。友達としゃべるか、マージャン興じるか、 楽器をかなでるか、現代音楽を鑑賞するか、とにかく起きている間は 何かしら音をたてている。いくら頭が良くても、音楽専攻ならいざ知らず (2) 、 あれではとても試験に通るまい、それともよほどやさしい大学なのかなど と妻とうさばらしに悪口を言うのであるが、たいていの騒音は目ならぬ 耳をつぶって我慢している。私達が神経過敏なのかもしれぬという遠慮 があったのであるが、八十過ぎて耳の遠いおばあさんまでやかましくて たまらないというのなら、もはや遠慮する必要はない。

これで今夜もそうだったら、文句を言ってやろう、いや言わずにはいら れないと意気込んでいると、その夜に限って (3) コトとも音がしない。 そのうちに待ちくたびれて寝てしまったが、音がしないのも当然で、 とうとうその夜は外泊して帰って来なかったのである。次の夜は、 私自身が宴会で遅くなってこっそり帰って来る始末だし、次の日には、 盛んに鳴らしているから言ってやろうと階段を上りかけた (4) とたんにぴたりと音が止まってしまった。まったく見事な肩すかしである。 専門は何か知らないが、案外孫子兵法でも勉強している管理職志望優秀な青年なのかもしれない。翌朝、何事もなかったように 「お早うございます」とにこにこされると、前夜の恨みも意気込みも 朝露のごとく消えてしまい、残念ながら私は未だに文句が言えないで いるのである。



会話文I


A:  ちょっと、御相談いたしたいことがございますが。

B:  何でしょうか。

A:  二階の学生さんの事なんでございますがね。

B:  ああ、この間から入っていただいている方ですね。

A:  ええ、うるさくて困っているんですが。毎日マージャンをやったり、 ギターをひいたりして、一日中大騒ぎをしてるんでございますよ。 恐れ入りますが、ちょっと注意していただけませんか。

B:  そうですか。それはお困りでしょうね。さっそく注意いたしますかか。


会話文II


A:  困りますわね、あそこのアパートの二階の学生さん。

B:  何がでございますか。

A:  お気付きになりません。一日中、大変な音を立てて。

B:  ああ、あの学生さんの事でございますか。私は鈍いせいか (5) 、あまり 気にならないんでございますけど、が気にいたしましてね。会社から 帰ってくるといらいらしてるんでございますのよ。何とかしようはない もんでございましょうかね。


会話文III


A:  恐れ入りますが、お宅の坊っちゃんの事でちょっと。

B:  何でございましょうか。

A:  あの、なんでございますけど - 私は鋭いほうで、構わないのですが、 主人がとっても気にするものですから。

B:  とおっしゃいますと、あの、うるさいということでございますか。

A:  ええ、申し上げにくいんでございますけど。

B:  いいえ、本当にことらこそ。いつも注意するんでございますけど、 またよく申しておきますから。本当にどうも申し訳ございません。


会話文IV


A:  恐れ入りますが。

B:  なんですか。

A:  もう少し静かにしていただけませんでしょうか。今日は、お客さんが ありますので。

B:  うるさいですか。

A:  ええ、うるさくて仕方がないんですよ。

B:  そうですか、どうも気がつきませんで。これから静かにします。