Lesson 7

現代の人々


ある人々は現代人は神を失ったと言って嘆き、ある人々は現代人は 神の束縛から解放されたと言って祝杯あげる。宗教が完全に姿消してしまうというところまでは行っていないにしても、現代人の 生活から宗教的な感覚薄らぎ始めている事は事実である。東京の 若い人々の家庭から神棚仏壇が姿を消し始めているという事が、 端的にこの事を裏書きしている。このような傾向は日本のみには とどまらず欧米の各国にもあるようだ。あるアメリカ人の学生の によると毎週教会へ行くクリスチャン一割とはあるまい (1) という ことだ。

先日、新宿のあるデパートに出かけてみた。買物のついでに店内ブラブラしていると、ある売り場に特に人だかりがしている。 なんだろうと思って近付いてみると、化粧品会社セールスマン電子計算機を使ってお化粧仕方指導をしていた。どうも (2)つまらぬ事にまで計算機が顔をきかせているものだと思ったが、 その夜、夕刊を広げてみると、計算機で客寄せをしているのは この店に限らぬ (3) らしく、ほかのデパートでも計算機が人間の質問に 答えているという記事が出ていた。計算機に対する現代人の信頼感絶大なものであるようだ。たかが化粧品の宣伝のためだけならば、 なにもわざわざ計算機を持ち出す必要はあるまい。むしろ、こんな 高価な機械を持ち出したのでは、宣伝費高くついて困るぐらいが 関の山である。それにもかかわらず、わざわざこんな厳めしい機械 を化粧品の宣伝に使っているところを見ると (4) 、この機械には現代人 の精神的傾向に訴える、ある特別の魅力があるのだろう。

われわれ誇り高き (5) 科学的代の人間は、神様の判断であるおみくじなど は信頼に価しないものと考える。それが、計算機の御託宣となると 有難く耳を傾けるのはどういうわけだろう。現代人というのは一方で は古い神々を否定しながら、同時に他方では新しい現代の神々創造 しているのではあるまいか。



会話文


A:  鈴木君は宗教についてどう思う。

B:  どう思うって。

A:  必要かどうかってことだよ。

B:  そうか。そんなもの必要なもんか。二十世紀は科学の時代だからね。 今どき、神棚だの仏壇だの持ち出す必要もないだろう。佐藤君はどうなんだい。

A:  そう簡単には片付けられないんじゃないかな。もう少しよく考えて みなくちゃ (6) 。ぼくはどっちとも言えないでるところなんだよ。

B:  ほう。そりゃどうして。

A:  このあいだの日曜日に、デパートへ行ったんだよ。そしたら電子計算機で 化粧品の使い方を教えてるんだ。化粧品の宣伝に計算機を持ち出しても採算が 合わないこと、はっきりしてるだろう。

B:  そりゃそうだね。それで......。

A:  それで考えたんだけどさ、そんな採算の合わない事をしてまで計算機を 持ち出すというのには、それだけの理由があるわけだ。

B:  うん。

A:  さっき君が言ったようにね、現代が科学の時代だという事は確かな事だ。 しかし、本当の科学者、玄人は別として、素人は科学を一種の宗教にしち まってる (7) んじゃないか、という気がしてしょうがないんだ。

B:  こりゃ耳が痛いな。しかし当たってるね。

A:  別に君のことを言ってるわけじゃないけどね。ともかく、なんていうか、 一種の宗教、まあ計算機教とでもいうような宗教が出来てきてるんじゃないか と思ってね。

B:  うん、本当だ。「あれも迷信だ、これも迷信だ」という人でも、「これは 計算機の出した答だ」なんて言われると、いっぺんに信じないではいられなく なるらしいからね。

A:  うん、そうなんだよ。人間にはどんな形のものでもいいから、何かを 信じたいという欲望というか、本能というかそんなものがあるんじゃないかね。


    = 留 意 語 句 =


      ...の束縛から解放される
      姿を消す
      顔をきかせる
      新聞を広げる
      記事が出ている
      関の山
      信頼に価する
      耳を傾ける
      採算が合う