Lesson 3

名前


日本人の名前は、しばしば、その正しい読み方とは関係なく音読みにされる。 日本人は伊藤博文を「いとうはくぶん」と読んでなにも不思議に感じない。 名前は本来、一人の人に一つしか付いていないものだから、「ひろぶみ」が 「はくぶん」ではあり得ない (1) ことは当然だ。それなのに、これを許している のは、漢字というやっかいなもののせいだろう。たとえば、最もやさしい 漢字「一」が名前として使われる場合には、「おさむ」、「すすむ」、 「はじむ」、「はじめ」、「ひとし」、「まこと」、「まさし」という 七通り (2) の読み方があるのだから驚く。正しい名前の読み方がどんなに むずかしいかということは、容易に想像できるだろう。このような事は、 ローマ字で書く西洋人の場合にはもちろん、同じ漢字を使っている中国人の 場合にさえ起こらないことだ。しかし、この起こらないはずの事が日本語の 場合には起こっている。しかも伊藤博文など「いとうひろぶみ」と言われる と、かえって、奇異に感じるのだから妙なものだ。はっきりしない時には、 音読みにして平然としているというが日本人の間にはあるようだ。

しかし、ある場合には、平然としているというよりはむしろ 親しみ (3) や 少々ふざけた気持ちこめて音読みの名前が使われることもある。 「淳(じゅん)いますか」と言ってたずねてくる人がいたら、それは、 淳(あつし)さんと親しい間柄の人で、彼の名前が「あつし」であること をよく知っている人である。それなのに「じゅん」などとやる。

名前の読みの難解さ のゆえに、けっして本名を読んでもらえぬ (4) 人々もいる。 私の義兄など、その母親が「大西祝に私淑して付けた「祝(はじめ)」 という名は、初めての人には、だれにも読んでもらえなかったそうだ。 腹を立てた彼は自分の名前が読めるか読めないかで、先生の教養度 (5)採点を始めた。が、残念まがら小学校から高校までの十二年間に、 まちがえずに読めたのは、年を取った漢文の先生ただ一人だった ということだ。悪いのは、先生ではなくて、むずかしい名前を付けた 彼のお母さんのほうだろう。

このあいだの総選挙で大分県のある候補者について、博士論文研究資料 を集めていたアメリカ人の学生 C 君は、テレビのインタビューで、 「どなたを研究していらっしゃるのですか」というアナウンサーの質問に 対して、即座に「高木文生(ぶんせい)です」と答えていた。「ふみお」 が本名であることを承知の上で (6)周囲の日本人が「ぶんせい」、「ぶんせい」 と呼ぶのを聞き覚えてのこと (7) だろう。研究テーマに大した影響を及ぼさない のだから、いっこうにかまわないのだろう。ここまで来れば、外国人の 口本研究も物になっているのかもしれない。「博文」を「はくぶん」と 読む日本人に対して、「本名も知らないで」と軽蔑まなざしを向けている うちは、まだまだ研究も初歩の段階と言ったら言いすぎであろうか。



会話文


A:  ちょっと教えてください。

B:  なんですか。

A:  この人の名前の読み方なんですけどね。

B:  どれどれ。さあ (8) 、わかりませんね。「名乗り辞典」調べてみましたか。

A:  「名乗り辞典」ですか。いいえ。ここにありますか。

B:  ええ、その本棚の上から二段目にあるでしょう。

A:  ああ、ありました。… … だめですね。

B:  出てませんか。

A:  出てるんですけどね。この字いくつぐらい読み方があると思いますか。

B:  三種類ぐらいでしょう。「あつし」、「きよし」、「まこと」。

A:  残念でした。これにはね、五つ出てきますよ。「あつし」でしょう、 それから「きよし」、「すなお」、「ただし」、「まこと」。

B:  そうですか。ずいぶんあるもんですね。調べてなんに使うんですか。

A:  名簿を作ってるんですよ。鈴木が五人もいるでしょう。だから …

B:  じゃ、本人に聞いてみるんですね。電話あるでしょう。

A:  ないんですよ。だから困ってるんです。

B:  じゃ、適当に並べといちゃ (9) どうですか。「まこと」とか、なんとかに 決めちゃって。まちがっていたら、あとであやまればいいですよ。

A:  しかたがないですね。じゃ、そうします。どうもお騒がせしました。


    = 留 意 語 句 =


      不思議に感じる。
      ふざけた気持ちをこめる。
      博士論文。
      研究資料を集める。
      影響を及ぼす。
      ここまで来れば物になる。
      軽蔑のまなざしを向ける。
      辞典で調べる。
<