Lesson 1

応用会話


山本        大学教授        54才
佐藤一郎 32才
和子 28才


和子 「いい結婚式だったわね。」
一郎 「うん、杉本くん、いいお嫁さんをもらってよかった。」
和子 「あら。」
一郎 「なんだい。」
和子 「あそこにいらっしゃる方、大学時代の恩師らしいの。 ごあいさつしてきていいかしら。」
一郎 「そりゃいいとも。ぼくもいっしょに行こう。」

* * *

和子 「山本先生、おひさしぶりでございます。」
山本 「はあ・・・。失礼ですが、どうもお名前が思い 出せなくて。」
和子慶応時代にお教えいただきました池田でございます。 卒業以来すっかりごぶさたいたしまして申しわけ ございません。」
山本 「ああ、池田さんでしたか。どうも失礼しました。 すっかりきれいになられたんでわかりません でしたよ。」
和子 「こちらは主人の佐藤でございます。」
一郎 「佐藤です。はじめまして。」
山本 「はじめまして。山本です。新郎の杉本さんの お父さんとは大学の同級生でしたね。 あなたは・・・。」
一郎 「杉本くんは私の後輩に当たります。」
和子 「先生、ずっとお元気でいらっしゃいますか。」
山本 「いや、昨年胃の手術をして以来、好きな酒も 飲めないんで元気が出ませんよ。あなたは今、 何かお仕事ですか。」
和子 「はあ、昨年まで出版社に勤めていたのですが、子供が できましたのでやめて、今は家庭におります。」
山本 「それは惜しいですな。佐藤さん、この池田さんは学生 時代なかなか熱心でしてね。よくむずかしい質問を して教師を困らせたもんですよ。わたしなんか、 答えられなくて赤面したこともありますしね。」
和子 「いえ、そんなこと。」
山本 「ま、暇があったらまたうちえ遊びに来てくださいよ。」
和子 「ありがとうございます。先生もどうぞおからだに お気をつけくださいませ。」
一郎 「じゃ、失礼いたします。」

* * *

和子 「先生、はじめわたしの名前を思い出せなくて困って らしたわね。」
一郎 「でも、あとでちゃんと思い出してくれたからいい じゃないか。ぼくなんかマス・プロ教育だから、 先生は学生の顔なんか覚えていないよ。ひどいのに なると、学生のほうでも講義を聞いた先生の顔を 覚えていないんだから。」
和子 「そうよ。大きな教室の講義ではそれもしかたない かもしれないけど、考えてみるとなんだか 寂しいことね」